イチゴ イチエ


かめばかむほど味が出ます
by shiroroa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

この想いと共に

*今日の記事は以前mixiで書いてたMY日記から一部引用してます*

盆休み 到 来 !

やっとですね。待ち望んだ時間がやっときてまいりました。
とりあえず明日は部屋の片付け&小物買出し。

実はまた扇子をロストしましてね。
こないだ花火見に行った後、タイ料理を食べに行ったんですが、
その時に恐らく忘れて帰ってしまったかと。

……アレですか、俺は扇子持たない方がいいんでしょうか?
ことごとく潰すか無くすかしています。
でも暑がりなんで、割と必要な物なんですよね。
明日良いものを探すために雑貨屋巡りしてきます。
今度は無くさないようにしよう……。

後、本も買わなきゃ!
長距離移動が絡む旅行には必須アイテムです。
ハードカバーは荷物になるので、文庫本を数冊。


自分、1人での長距離移動は苦手です。
窓に映る風景を眺めてると切なくなってくるんですよ。

綺麗な景色って、なんで切ないんでしょうね。
胸を打つような風景は、どうして焦燥感を伴うんでしょうね。

別にこれは今に始まった事ではなく、例えば3年ほど前の冬。
信州の方にスノーボード旅行で行っていた時の事、

夜の闇の中を雪が舞い降り、花火がゲレンデを灯していました。
自分達の眼前に迫るその光景は、信じられないぐらいに美しくて、

俺の生涯では、まだあの景色以上の風景を見た事ないですが、
それを見ていた時も例えようの無い切なさに襲われた事を覚えています。

白浜で、夕日が沈む様を見ていた時も、
六甲山から神戸の夜景を見ていた時も、
USJでライトアップされた街並みを楽しんでいる時も。

綺麗な景色に胸を打たれて、言葉を失い、切なくなって、

それとも俺だけでしょうか?そういった感情を覚えるのは。

同じ時間は2度と巡って来ない。
また来れるかどうかも分からない。

つまり、今見ているものと同じものは生涯見ることが出来ないという予感。
同じ風景でも、自分の心のあり方や環境が変わってしまうと、
全く違うように見えてしまうという事を、
人は心の奥で理解しているんじゃないでしょうか。

だから『今』しか感じられない景色に心奪われ、
同時に切なさを感じるのではないかと思うのです。



今回の旅行もそんな風景に、出来事に、出会えるといいな。
[PR]

by shiroroa | 2005-08-11 03:19 | ラ イ フ ロ グ
<< 急がず焦らずゆっくりと やむと思ったんだ >>